HOME > 年間行事 > 2015年 > ~都市大等々力中高との学校間連携~ 年中組を対象に「科学体験教室」開催

年間行事

~都市大等々力中高との学校間連携~ 年中組を対象に「科学体験教室」開催

2016年3月8日(火)、同じ東京都市大学グループ系列校である東京都市大学等々力中学校・高等学校の先生と理科部の生徒の皆さんを講師役としてお招きし、「科学体験教室」を開催しました。
昨年12月に行った年長組に続き、今回は年中組が不思議な科学の世界を体験しました。


今回の実験は2つ。
一つは「ストローでする科学」。音に関する実験で、ストロー笛を作り、「振動すると音が出る」「音の高さは長さと関係がある」という2つの不思議を体験しました。
ストロー笛は、そのまま吹いたのでは音が出ないストローをハサミで切り、息を吹き込んだ時の振動がストローに伝わるようにすると音がでるというもので、子どもたちは懸命に取り組んでいました。
一回で簡単に音を出せた子、何度もチャレンジしてやっと音が鳴らせるようになった子と様々でしたが、先生や理科部の生徒さんたちにコツを教わり、最後には大勢の子どもが音を出せるようになりました。
空けた穴の位置で音の高さが変わることも体験しました。


もう一つの実験は「割れないシャボン玉を作ろう」でした。
シャボン玉液にあるものを混ぜると不思議不思議。割れにくシャボン玉ができました。
手で風を送って天井近くまで上げる子、手や服についたシャボン玉を面白そうに見つめる子。
何故割れにくいのかは理由はわかりませんが、なかなか消えないシャボン玉に喜ぶ子供たちでした。

楽しくあそぶ中で、たくさんの不思議に出会う。そんな体験の中で科学する目や心が培われることでしょう。
都市大等々力中高の先生や生徒の皆さん、楽しい実験をありがとうございました!

このページの先頭へ